【ワンピースネタバレ!】ゾロの刀”閻魔”の秘密は「流桜」を吸い取る妖刀だと判明!

ゾロ
スポンサーリンク

 

考察王
考察王

ワンピース 955話でゾロが手にする刀閻魔」の秘密が明るみになりました。

 

一体「閻魔」にはどんな秘密があったんですか!?!?!?

 

考察王
考察王

気になりますか?

 

勿体ぶらないで教えてくださいよ!

 

考察王
考察王

すいませんw

 

ワノ国で絶対活躍するゾロの刀「閻魔」の秘密について気になると思うので今回は、

 

『【ワンピースネタバレ!】ゾロの刀”閻魔”の秘密は「流桜」を吸い取る妖刀だと判明!』

 

考察王
考察王

と言うお題で進めていこうと思います。

スポンサーリンク

【ワンピースネタバレ!】
「閻魔と和道一文字の秘密」

 

考察王
考察王

ワンピース 955話でゾロが以前から持っている和道一文字」と「閻魔」を作った刀鍛冶同じ人物であることが判明しました。

 

そうなんですか!?

 

考察王
考察王

そうらしく、その刀鍛冶の名前が「霜月コウ三郎」と言うそうです。

この霜月コウ三郎は50年以上も前にワノ国を違法出国した男と言うことも明るみになりました。

 

と言うことは今はワノ国にはいない人物と言うことですね。

 

考察王
考察王

そうですね。

しかし、「和道一文字」と「閻魔」と言う名刀を作った人物なのでワノ国でも有名な人物であった可能性はありますよね。

 

確かにそうですよね。

 

考察王
考察王

これは予想ですが、もしかしたらゾロに「閻魔」を譲るといった日和は、ゾロの刀「和道一文字」のことを知っていたから、同じ刀鍛冶が作った名刀「閻魔」を譲ると言ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

【ワンピースネタバレ!】
「”閻魔”のランクは大業物だった!」

 

考察王
考察王

ワノ国で登場してきた刀「閻魔」と「天羽々斬」ですが、おでんが生前愛刀として持っていた2本ですよね。

 

それは以前判明していますよね?どうかしました?

 

考察王
考察王

今回この「閻魔」と「天羽々斬」の2本の位列確定したんです。

 

この2本の刀はどのランクだったんでしょうか?

 

考察王
考察王

「閻魔」「天羽々斬」のどちらも「大業物」21工だと言うことです。

 

と言うことはゾロが持っている「和道一文字」「秋水」と同じ「大業物」と言うことになるんですね。

 

考察王
考察王

そうですね。

もしゾロがこの刀を手にすることになるならゾロの歴代の刀3本目の「大業物と言うことになりますね。

 

ゾロの歴代の刀についてはこちら↓↓

 

スポンサーリンク

【ワンピースネタバレ!】
”閻魔”は「流桜」を吸い取る妖刀と判明!!

 

考察王
考察王

955話で「閻魔」を手に取ることになったゾロ。

 

ゾロついに「閻魔」を持ったんですね!

どうだったんですか?

 

考察王
考察王

持った感じゾロは刀の重みを感じる程度でしたが、ゾロが「閻魔」で木に向かって試し切りをした時、驚きの結果に!

 

えっ!?どうなったんですか?

 

考察王
考察王

試し斬りの軽いひと振りで木だけではなく、その先にある海岸までもが斬れてしまったんです。

 

なんと言う威力でしょう!!

 

すげー!!

それはびっくりです!

 

 

考察王
考察王

ですよねw

それを見ていたサンジ、ナミ、モモの助も流石に仰天していましたもんね。

 

 

考察王
考察王

しかし、ここでゾロに異変が起こったんです。

なに?なに?

考察王
考察王

ゾロの右腕が骨のように細くなってしまったんです!

いきなりなんでですか!?

 

考察王
考察王

実は「閻魔」と言う刀は、持った者の「流桜(覇気)」を吸い上げて放出する刀、まさに妖刀だったんです!!!

 

閻魔はやばい刀なんですね。

 

考察王
考察王

その後ゾロは閻魔から流桜を奪い返し腕が元に戻っていますが、この閻魔の能力でこの先の展開が面白くなっていきそうですね。

スポンサーリンク

【ワンピースネタバレ!】ゾロの刀”閻魔”の秘密は「流桜」を吸い取る妖刀だと判明!まとめ

 

今回は「【ワンピースネタバレ!】ゾロの刀”閻魔”の秘密は「流桜」を吸い取る妖刀だと判明!」と言うお題で進めていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

まさか「閻魔」が覇気を吸い取る刀であるとは思いもよらなかったですよね。

しかし、考えようによれば覇気が大きければ大きいほど斬撃力も大きくなると思うのでこれからのゾロの修行に注目していきたいですね。

 

また、「閻魔」と使ってゾロは誰を斬るのかにも注目していきたいですね。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント